1943年、株式会社ヨシダテントは吉田喜義商店として創業、山岳用テントの他、キスリング、ヤッケオーバーズボン、オーバーシューズ等の製造もしてきました。
植村 直己さんは明治大学山岳部の頃からのお付き合いで、北極用テントを製作いたしまた。
その後、植村型北極用テントは多くの方がご使用になりました。その写真をこのページに掲載致します。

【高所用山岳テント】 【極地用大型テント】
【植村型北極テント】 【昭和初期のテント】
【ご利用頂いた遠征隊・登山隊】

高所用山岳テント

エヴェレスト(8848m)  1970年日本山岳会
70ev-beasu1
アタックベースキャンプ
70ev1
山頂をのぞむ(エヴェレスト)
3-manasuru-last2
1970年 8513mの最終キャンプ マナスル型4人用テント

fuyu-ev1
1981年 冬季エベレスト登山隊

bersetent-1
bersetent-2
アタックベーステント

manasuru2
マナスル型3人用

manasuru4-1
マナスル型4人用
manasuru6
マナスル型6人用
hyouhei
氷壁用テント

日本が初登頂した マナスル 8156m

manasuru3-6200-561
1956年 マナスル第3キャンプ 高度6200m付近 日本山岳会

manasuru-1
manasuru-2
マナスル型2人用 マナスル型テントはマナスル登頂を目指し開発されました。
その後、ヒマラヤ高地用テントとして数多く使用されました。

ネパールヒマラヤ マカルー峰 8481m 日本山岳会東海支部

jactoukai-11

makaru-2

makaru-3

makaru-4

1958年 日本山岳会ヒマルチュリ(7893m)登山隊
jhew125-1
jhew125-2

1962年 京都大学学士山岳会 サルトロカンリ登山隊

kyoutosarutoro

1969年 日本山岳会信濃支部 アラスカ登山隊 マナスル型6人用

jac-shinano-arasuka692